車買取で高く買い取ってもらうための知識

“車買取の際、査定額を上げて欲しいのは人として当然のことだと思う。特に愛着のある車であればあるほど高く買って欲しいものだ。

しかし新車、もしくは中古車を購入するとき、「高く買い取ってもらえる車」を選んで購入しているだろうか。おそらく、そんな買い方をしているのは常に車買取を意識している自動車ディーラーとして働く人たちくらいだろう。

僕たちのような素人が気にするのは、せいぜいペットや煙草の臭い、煙草のヤニ…他は無事故でいようと心掛けるくらいだ。乗り潰すつもりの人なら、内装の汚れなんか気にしない。たとえば人気車種であったりとか定番の人気カラーであったりとか、そういう部分など気にも留めないのではないか。

以前、炊飯器の銅釜のような輝くオレンジの軽自動車をみかけたことがある。中古車市場では高値がつく軽自動車とはいえ不人気車種だったし、しかもあの色では走行距離が10,000㎞を切っていたとしても高額買い取りは難しそうだ。マイナーチェンジなどはメーカーの都合なので仕方がないが、せめて車種や人気のカラー、車検時期くらいは車買取のときの予備知識として、新車購入前に押さえておきたいものである。”
交渉成立

車買取した中古車のオークションがあるんですね

“車関係に強い彼ができると、新車や中古車に対しての考え方がガラッと変わることってありますよね。彼ができて初めて、車買取を専門に行う業者が二種類あるということを始めて知りました。お客様から買い取った金額とオークション落札額の差で利益を出す会社と、お客様から車買取した商品を直接売って利益を上げる会社です。

前者は車買取をしたら、すぐに業者専用のオークションで競売にかけます。こうすることで在庫を持つことがなくなり、会社経営に必要な維持・管理費などを減らすことができます。

そのぶんを査定額として上乗せできるのだそうです。中間マージンの関係で中古車の値段を高めに設定して売らなければならず、結果としてオークションの相場を落とすこともあり、それが査定額低下の原因になるというデメリットもあるのだとか。

後者の直接販売する会社は車買取から販売まで一直線であるため中間マージンは発生せず、安く販売できて高く買い取る力があります。ですが一直線であるがゆえに、不人気の中古車を在庫として抱えるリスクがあります。会社のあり方はそれぞれですが、どちらも中古車がなければ成り立たない業界ですよね。”
オークション

事故車専門の車買取業者がいるらしい

“事故車や廃車を高額で車買取をしている業者がありますが、いったいどこへ売っているのだろうかと常々疑問に思っていました。事故車も事故の具合にもよるのでしょうが、修理して普通に走ることができれば日本でも売れるでしょう。ですが修復歴が残りますし価値も下がります。廃車にする車なんて100,000㎞以上走った車でしょうから、日本では敬遠される。

そんな疑問を中古車販売店で働く友人に質問したところ、「海外へ売ってるよ」と即答されました。海外で日本の大型のワンボックスカーやSUV車は人気が高く、廃車寸前の車でも売れるのだそうです。海外では事故車や廃車に対しての価値観が違うんですね。そのため中古車業界には、事故車専門の車買取業者も存在しているようです。

なるほど世界を相手にしているのか…ようやく納得しました。もちろん日本で売るにはマイナスイメージになるので、買い取り専門の業者も事故車は低い値段で交渉するようですが、そういう事情を念頭に置いておけば車買取のときに役立つんじゃないかと友人は言っていました。僕も車を売るときの参考にしたいと思います。”
事故車

煙草の臭いで喧嘩になり、実際に見積り査定してもらった

“煙草や犬の臭いで車買取の値段を下げられた…なんて話はよく耳にします。僕が2年ほど乗り回した軽自動車を、出産したばかりの姉が欲しいと言ったので30万円で譲ることにしました。でも「煙草クサイ。臭いがキツいから10万円にして」と言われて喧嘩になってしまった。

下取りや中古車販売店で車買取してもらっても、煙草の臭いはヤニが付くなどの関係でおよそ4~8万円は下げられることは知っています。でも僕が煙草を吸っていることを知っていて欲しがるわけですから20万円は足元を見過ぎでしょう。

腹が立ったので中古車販売店で実際に見積り査定してもらいました。修復歴ナシ走行距離20,000㎞の軽自動車の買い取り価格は40万円、煙草の臭いとヤニで45万円だったのを下げられての値段です。

僕は見積り表を姉へ叩きつけて「30万円でも譲歩しているほう。金がないなら車乗ろうとか思うな!」と怒鳴りつけてやりました。見かねた義兄が「こいつがケチなことを言って悪かった」と頭を下げてくれたので、僕は急に肩身が狭くなって「20万円でいいです」と折り合いをつけました。車買取では40万円だったから大損だけど、出産祝いと思えばなんとか我慢できるかな。”
タバコ

犬の臭いで車買取の金額が下がるみたい

“車を買い替えることになりディーラーに下取りをしてもらおうと考えていたのだが、愛犬の送迎に使用していたので臭いがキツく、必ず車買取の価格が下がる。犬友人の話では車買取の価格を8万円も下げられたとのことだったので、がんばって車内消臭をしたい。

最初はスーパーなどで売られている消臭スプレーを使用してみた。天気の良い日に消臭スプレーを座席からフロアマットなど、およそ考えつく限りの場所にふりかけ、さらに小一時間ほどすべてのドアを開け放してみた。

2本半も使ったら、さすがにニオイも取れるでしょ…と思っていたのに、犬を飼っていない友人を乗せたら「臭うよ…」としかめっ面に。仕方なく別の日に同じことをしたけれど…やはりダメ。

どうやったら車内消臭できるのだろうとネットで探してみたら、車両美装系の業者さんが消臭を請け負っていると出てきた。簡単にはずせる部品をはずして徹底的な洗浄をするとのことで、それを安い業者は1.5万円からするという…。それくらいなら…とも考えたけれど、それでも100%は取れないって話だし、愛犬は家族なわけだし…と考え直して消臭は諦め、そのまま車買取してもらいました。”
犬

海外で人気のある車は買い取り額も高いのですね

“主人も退職を迎え子供たちも独立したので、なにかと不便な一戸建ての住宅地を離れて駅前のマンションへ引っ越しました。利便性が良くなったせいか、車に乗ることはなくなったので主人と相談して車買取をしてもらうことに。もう五年前に買い替えたSUV車で走行距離は50,000㎞ちょっと。「美味しいものが食べられたらいいよね」なんて主人と話していました。

ですが中古車販売店の提示額は「50万円」…さすがに目を見開きました。こんなに古い普通車に、こんな金額がつくなんて…。驚きつつもお断りする理由もないので、その値段で車買取をしていただきました。

息子が車に詳しいので理由を尋ねたところ、中古車のSUV車は海外で人気があるから車買取の値段が高くなったのではないかとのことでした。他にも海外で人気のある車種はあって、それはどんなに古くても走行距離が100,000㎞を超えているとしても、意外なほどの高値で買い取ってくれることがあるのだそうです。

私たちには必要のなくなった中古車でも、海外では必要とされている…。そう考えると売って良かったのかなと思っています。”
買い取り額"

車買取の値段はディーラーの立場で決まる?

車買取と言えば自動車ディーラーの営業が行うものと相場は決まっている。ディーラーとも呼ばれる彼らは中古自動車査定士という国家資格を持っており、その資格を有する者しか車査定ができない決まりとなっているからだ。では車買取ができるディーラーはどこが一番高く買ってくれるのか?という話に関しては、国家資格とは別問題だ。

たとえば新車販売のディーラーが下取りと言う形で車買取を行うのは、新たな自社製品を買ってもらうためだ。しかし自社製品を売るためとはいえ高い金額はつけられないので、値引きという方法を用いてあれやこれやと努力する。車買取は新車購入へ導くための一手段でしかない。

では中古車販売を専門に扱っているディーラーたちが車買取をした場合はどうなのか。中古車を買い取ることは商品を増やすことになるので、彼らからすれば仕入れと同じになる。売れ筋ならともかく、無駄に在庫を増やすことは商人であれば避けたいのが本音だろうから、それに見合った車買取の金額を提示するだろう。

結局、車を売る理由を考えてから、一番納得できる値段で買い取ってもらえる場所を選ぶことが、自分のためになるはずだ。
ディーラー

輸入車の車買取価格は低いのか

先日、中古車販売店で車買取をしてもらった。なぜ下取りしてもらわなかったのかと言えば、下取り額が信じられないくらいに低かったからだ。

僕はドイツのニーダーザクセン州に本社を置く人気車種に乗っていたのだが、燃費のいい国産車に乗り換えることにした。そこで希望する新車の販売ディーラーへ赴いて査定してもらったのだが…。「15万円ですね」という下取り価格を聞いて衝撃を受けた。

購入したときは諸経費を含めて200万以上した車が、走行距離も3万前後とさほど走ってもいないのに5年でそこまで下がるのか?国産車でも車買取の額はもう少し上だろうと思い抗議したら、「輸入車に乗っているお客様は皆様そう仰います」と言われ、さらにショックを受けた。試しにすべての国産車の会社を回ったが、よくて20万円だった。

輸入車は下取り車として人気がないらしい…と感じた私は、中古車を専門に扱っている店舗に車買取をしてもらうことにした。ゲームと同じで専門店のほうが高く買ってくれるのではないかと思ったのだ。実際には予想が正しかったのだが、国産の新車を購入しても、これからは中古車販売店を利用しようかと考えている。
中古車

新車販売店で車買取してもらうという方法もある

高齢の父が免許を返納したので、車買取をお願いすることになりました。最初は姉妹のどちらかに乗らないかと言われたのですが、父の車は国産高級車で維持費が高すぎて無理。

すると父から「車買取をしてもらって、それをおまえたちの車の頭金にしなさい」ということで大喜びです。どこの中古車販売店が高く買い取ってくれるのだろうかと、いろいろな中古車販売店を尋ねました。

ですが愛知県に本社を置く自動車会社の高級車には皆尻込みしてしまうようで、「買い取りの値段がつけられない」とのことでした。これは困ったと悩んでいたら、主人から「あの手の高級車はお義父さんが購入した店舗に引き取ってもらうのが一番だよ」との助言が。この高級車はブランド名を売りにしているので、一般の中古車販売店では値段がつけにくいのだそうです。

それに販売店が車買取をすれば認定中古車として扱ってくれるのだそう。高級車とはいえ中古車なのに価値がつくものなのかしらと疑問に思いながらも訪ねてみると、なんと「610万円で買い取ります」との回答が!もちろん妹と半分こにして、私たちもマイカーを買い替えることができました。
販売店